つれづれなるままに

 つれづれなるままに、日暮らし、硯に向かひて、心にうつりゆく由なしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。――『徒然草』序段

ここ最近、上に引用した『徒然草』の序段のような状態でTwitterに向かっていたので、自分でも「良くないな」と感じていた。ちょっと弾けすぎだ。5つも6つもTweetを使ってひとつの内容を書いていたので、明らかに呟きすぎだった。友人に相談したところ、「ブログをやったらいいんじゃない?」と言われたので、1年前に作成してほとんど使っていなかったこのブログを再始動させることにした。ブログのタイトルは「なになぜ堂」である。たぶん、本を読んで思ったことや、勉強して面白かったことを書いていくことになると思う。副題に「なに(What)、なぜ(Why)、どう(How)」とあるが、あまり大上段に構えず、ゆるりと行くつもりだ。

広告